灼熱キャノンボール列伝 ~大阪東京編②~

続き書いたった。

 

dosukoikirip.hatenablog.com

 

前回のブログ

 

大体100キロ程度走ったところまでは書いた。

しらんけど

 

当初は休憩少なくぴゃ~!!!って進みたかったけどムリ!

なんせ深夜でも暑い!!

 

どれぐらい暑いかというと灼熱帯夜って感じ。

#伝われ

 

最初のコンビニストップは、ログを見る限り7分程度止まっている模様。

大体この感じだろうでいいだろうな。

 

とりあえず水を3本体制にしたので、愛知-名古屋あたりを軽快に走る。

 

途中にむひょとらっきょが待ち構えてくれていた。

補給食もろた。

 

てかキャノボの定義では、補給食をもらうのがNGとの見解もあるけど

まぁ~細かいことは気にすんな! の精神で走ってました。

 

 

名古屋では名古屋走りを彷彿とさせる赤信号上等!!!!的な走り。

#ごめんなさい嘘です

 

 

なぎゃやの一番気温が下がるときでも30度下回らない。

マジかよ。マジかよ。

 

 

あれ?

っていろいろ思い出してるけど、なんか何も思い出ないなぁw

心を空にして、集中して走ってたからか

 

 

 

日の出は浜松に入った「新居町駅」あたりだったかな。

 

キャノンボールで見る日の出はとても荘厳でした。

たぶん

 

 

キャノボでよく聞く「静岡無限説」を今回のキャノボで覆すために

静岡を秒速で通過してやろうとおもいましたが、地名に疎いため

あまり無限静岡を意識しないで走ってました。

 

て、いうても

浜松から箱根まで結構な距離で、暑さにやられながらシコシコとペダルをまわしていました。

 

 

箱根のセグメントは2018年富士ヒルチャンポンの田中氏が保持していることを

確認。

 

キャノボ途中のこの状況で、さくっとKOMを塗り替えてやろうと

気持ちは高ぶる。

 

箱根に近づく。

 

だがしかし300キロ超えたあたりから

お尻、足裏、腕の3点に痛みを覚えていた。

 

ということもあり、箱根の手前のミニストップでミドルストップをした。(ドカン!)

 

 

梨パフェなんてものがあったので頼んでみたらとてもおいちおいち。

 

さっきの痛くなってきた3点も吹き飛んだ(飛んでない)

 

 

そして僕は気持ち高らかに、鼻息あらく、箱根に向かうのであった。

 

このときはまだグロス25キロ/時はあったかとおもう。

なので、キャノボクリアペースは大幅にクリアしていた。

 

 

続く

 

 

灼熱キャノンボール列伝 ~大阪東京編①~

OT(大阪-東京) 灼熱キャノンボール 達成の記録
 
 
 
時間空いたけどかくやで。
 
準備編
 
を書いてから2か月立ちましたが、ようやく書く気持ちになりました。
 
 
 
決行は8月27日(月)19時スタート
 
8月25日~9月2日までは夏季休暇をいただいていたのでその間に
東京観光を兼ねて、キャノボでもするやで!
って感じでした。
 
この時は帰りもキャノボで帰るかぁ~とは思っていたぐらい。
 
 
 
 
27日の朝は目覚ましをかけずに起床。
 
 
準備を行って、1時間ばかし昼寝。
 
 
家の京都木津から、大阪までは輪行で移動。
 
17時半過ぎには大阪に着いてしまった。
 
逸る気持ちを抑えられない。
早くキャノボをさせろともう一人の俺がいってる。
すいません嘘です。
 
 
とりあえず、エネルギー充電のために北新地にある天下一品を食す。
 
ラーメンこってり普通麺堅めとチャーハンを注文
アッというまにたいらげた。
 
バイクを組み立てて準備を行う。
 
スタートは20時だが、19時には準備が完了した。
 
暇だ。
 
 
 
見送りに有益ことまっすんが来てくれた
箱に入っているあやしげなドリンクを差し入れしてくれた。
たぶん痩せたり、気分がハイにナル成分が含まれていたに違いない。
すぐに帰っていった。
あざす。
 
 
あとはTwitterに普段いる大阪界隈の自転車乗りがわらわらと
あつまってきた。
 
 
 
女の子見送りがいなかったので、気分は落ち込みかけたが
先ほどの覚○剤入りのドリンクを飲んだので逆にハイな気分だった。
 
 
 
なんだかんだしてたら20時が迫ってきた。
 
これから24時間も走るのかとおもうと
憂鬱な気分になりかけたが、先ほどの(ry
 
 
とりあえず20時にスタート!!!!
 
 
スタートスプリントが決まりポールポジションを獲得
しらんけど
 
 
 
 
とりあえずこの区間はいつも走っているので
信号間隔などは頭にはいっている。
頑張りすぎず信号地獄をこなす。
 
まずは清滝峠をやつける。
 
 
気合いも入っているので、とりあえず300wで登る
 
タイムとしては10:49
 
まぁまぁーなタイムではなかろうか。
 
 
そして下りに入る。
 
 
ここは街灯が少ないので、フロントクイックに装着している
ボルト1600もつけようとスイッチをいれる。
 
あれっ??
つかない∑(゚Д゚)
 
電源ボタンが赤く光っている。
 
充電切れの合図(^ω^)
 
 
 
ちょっ!!おまっ!!
まじか!!
 
充電し忘れていたwwwww
 
 
手元のボルト800をフロントクイックの場所に、
ボルト1200を手元に持ってくる。
急いで充電開始。 
 
 
まぁボルト800でも朝方まではもつとは思うけど念のために
#フラグ
 
 
ここからは信号も少なく夜なので車もそれほどいないく
順調に飛ばす。
 
 
伊賀インターを超えて、国道25号線の石さい場の下りに
ここは道が悪いし、街灯ないし、野生動物出てきそうだし
お化けもいそうだし、息を止めて(vo2max)で一気に下る。
 
 
それにしても暑いな。昼間に比べると涼しいが
それでも熱帯夜
 
今回は3ボトル(バイクに2本、背中の真ん中ポッケに1本)できているが
夜中のうちは背中のボトルには水を入れないつもりだったが、
これはいかん!!
はやめに3本目を利用することになるとは。。。。
 
 
水もなくなってきたので、関インター付近で1回目のコンビニ休憩
 
 
 
ボルト800の
電源ボタンが赤く点滅してきた。
 
あれっ??まじか?
どうやらハイモードに入っていたらしい。。。
ボルト800はしっかり満タンまで充電してきたので絶対そうだ。
 
ボルト800のボタンクリック反応がイマイチで押したと思ってもモードが
変わらないことが多々あったのでそれだ。
 
 
とりあえず今まで受電してきたボルト1200をつける。
なんとかすこしは充電できている。
 
すぐさまボルト800の充電開始!!!
 
なんとライトを自転車操業的(うまいっ!!!)に充電しながら
いくしかない。
 
 
つづく
 

秋の舞洲C1 逃げるも撃沈。。 圧倒的敗北

昨日は個人TT

 

今日はクリテということで舞洲C1出場してきました。

 

 

昨日よりレースが少し早いので、7時過ぎに家を出てえっちらおっちら

舞洲を目指す。 脚を使わず走るとなると50キロで3時間もかかってしまうのが

めんどくさい。

いうて輪行もめんどくさい。

 

今日は門真あたりで土砂降りに会うなどついてないがなんとかかんと

舞洲到着!!!

 

 

C1で走る選手たちに今日勝たせてね!って挨拶して回る。()

 

今回は以前在籍していたVC FukuokaがJPT選手を6名?7?そろえて

本気でやってきた。

本当は昨日関係者を集めてアワイチの予定が台風や昨日の雨を考慮して

中止になったということで全員サラアシ状態。。。

 

ほかには、練習やJPTレースでは負けたことがないけど、関西の草レースではほぼ

負けているヤンボーも参戦している。

 

あといつもの元shimanoレーシングOBのペダルご一行様。

 

 

レースは舞洲25周なので約30分程度?かな

 

とりあえずそのデーターを

21.2 km Ride Activity on September 9, 2018 by キリp レ. on Strava

 

まずは後方からスタート。

 

リアルスタートになってもそこまで速度は上がらずに縦長にはなっているが

誰も飛び出してない状態が3周程度

 

そろそろわいも前に上がろうかなとホームストレートを一気にふんっ!!!!!

って上がる。少し途中で詰まって先頭出れず。

20秒 650w程度

 

バックストレートは位置をキープして息を整える。

 

再度ホームストレートで一気にふんっ!!!!!!

って上がる。

20秒 600w

 

先頭付近にでたらちょうど 単独でVC監督の佐藤さんが一人で飛び出してる!!

 

面白いから乗っかれ!! ってことで、スプリントで一気にブリッジをかける!!

 

わいの後ろに数名ついて来ようとするのを進路を右左と変えながら、

振り落とそうと。

 

3,4コーナーに差し掛かった時におそらくワイの後ろにつこうと思ってた子が

落車で、数名巻き込む!

 

と同時に後ろの集団も少しペースダウン。

 

 

このタイミングで一気にワイと佐藤監督の2名逃げが完成!! 一気に10秒程度?

開く!! しかしワイはここまで少し足を使ってしまったので佐藤監督に少し長めに引いてもらう甘え走法で!!

 

そこから5周程度二人で逃げる。

 

一気に秒差は30秒まで開く!!!!!!!

 

佐藤さんが逃げにのってるので、VCのほかの選手は前を引けない。

なので、ほかの選手だけでワイらを追うにはしっかりトレインを組まないと

厳しい感じだとおもう しらんけど

 

 

 

 

しかし10週目に差し掛かった時に、まさかの佐藤監督逃げを離脱。。。

※このまま行ってもワイに勝てないということで、後ろに戻って立て直したいうてた。。。

 

残り15周で一人で海原に放り出されたワイ。。。。

 

佐藤さんが集団に戻ってトレインを組みなおすのに2周程度かかっていたので

それまでは30秒差をキープしているが。。。

 

VCがトレインを組んで走り始めると、1周ごとに1~2秒程度詰まっていく。。。。

 

ワイも1周を1:13などで耐えたかったけど、1:16秒程度まで落ちる周回も出てきた。。。

 

やばいやばい!!!

 

そんな写真たち ※フォトバイ 西村ぴっぴ

 

まだ余裕のワイ

f:id:kazumichi0615:20180909224657j:plain

 

すこしつらめワイ氏

f:id:kazumichi0615:20180909224309j:plain



ワイ氏 うしろうしろーー

f:id:kazumichi0615:20180909224151j:plain

 

もうそこにいるよ

f:id:kazumichi0615:20180909224218j:plain

 

 

はぁ~~すぐそこサンクス!!!!!

f:id:kazumichi0615:20180909224241j:plain

 

 

てな感じで残り4周あたりでキャッチ。。。

 

その時のワイの心境

「VC半端ないってもぉー!

アイツら半端ないって!

5,6人で本気でトレイン組んで追いかけてくるもん…

そんなんやらへんやん普通、そんなんでやる?言っといてや、やるんやったら…」

 

でもバックストレートキャッチされると覚悟を決めていたので、少し足をためていました。

 

必ずワイをキャッチした時にカウンターアタックがかかると思っていたので、

後ろの気配を探る。

 

 

佐藤さんが一気にきたので、ワイも負けじとのっかる!!!!

f:id:kazumichi0615:20180910233138j:plain

フォトバイ ようかん 

 

その時に出したスプリントが今日イチの1118w。。。 わろた

 

しかしそのカウンターは決まらず!

 

 

ホームストレートでも再度VCのおそらく松田が仕掛ける!!

→写真確認したら中森だった。

 

こうなったらやけくそや!!!

 

 

ワイもスプリントして乗っかる!!!!!!!

 

この時も1000w程度。。。

そのカウンターも不発に終わり無駄足。。。

 

 

ワイはもう活動限界に。。。。。。

 

f:id:kazumichi0615:20180910233337j:plain

 フォトバイ ようかん

 

集団から離脱。。。

 

あとは完走を目指すのみ。。。。

 

f:id:kazumichi0615:20180910234018j:plain

 フォトバイ 羊羹

 

 

バックストレートでゴール観戦

※このパターン多ない??

 

VCは追走でほぼ選手が足を使ったみたいで、再度スプリントした

佐藤監督をヤンボーがスプリントで圧倒的刺して優勝。

小さく紹介

f:id:kazumichi0615:20180910233843j:plain

フォトバイ ようかん

 

ヤンボーの馬鹿野郎!!!! 

 

 

とりあえずワイも単独でスプリントをしてゴールしてみた。

 

 

ラスト 15秒

最大 1031w

平均 782w

 

ワイとしてはまずまずなんじゃないか???www

 

 

そんなこんなで、秋の舞洲は終了。。。

まじで舞洲で勝ちたい。。。

 

来年の春には、みてろよ!!!!!!!!!!

 

 

午後からはJBCFをビール片手にガヤるのみ!

 

昨日E3のTTで優勝したハナキンに今回のE2での走り方を伝授

その伝授がはまって、ラスト3,4周から飛び出して、独走勝利!!!

 

俺のおかげやな!!!

 

 

あとは知り合いがちょろちょろ入賞してたし、まぁ~みんな頑張ってた。

 

 

とてもたのしい舞洲2日間でした。

 

おしまい

 

 

 

 

舞洲TT 一般の部優勝おじさん(総合2位だよ。すごいよ)

秋の大運動会舞洲の季節です。

 

ということで本日は舞洲TTに出場してきました。

今年の春に初めて参加しましたが、リベンジです。

 

そのブログは書いてません。

 

ざっくりいうと

ノーマルバイクで機材おじさんたちをやつけようと思いましたが

0.048差でTTバイクおじさんに負けてしまい2位に。。

 

今回も目的は同じ!!

ノーマルクロモリバイクでTTおじさんをやつけること!!

 

見事達成!!!

f:id:kazumichi0615:20180908215249j:plain

フォトバイ 侵略の中の人

 

f:id:kazumichi0615:20180908215218j:plain

 

f:id:kazumichi0615:20180908230609j:plain

すべての人に感謝の気持ちを伝えるワイ氏

フォトバイ UNO

 

 

 

今回は春とはうって違ってほぼ無風状態。

若干風は感じられるものの意識するほどでもなく。

 

舞洲の特徴は3回の180度ターンと2か所の大きく曲がるコーナー

 

なのでターン終わっての立ち上がりでいかにトップスピードまで持っていけるか。

 

下がデーターになります。

f:id:kazumichi0615:20180908215718p:plain

詳しくはこのログを

2.4 km Ride Activity on September 8, 2018 by キリp レ. on Strava

 

速度をGPSで計っているので、序盤は計測できてないやんけ!!!ww

 

でも一気に58キロを観測しているので、少し飛ばし気味かも。

パワーもスタート時の踏みだしで1000w出てるし。

 

立ち上がりの15秒程度はダンシングでもがいて。

最初の180ターン終わりには、800w10秒出てる。

その後のコーナー立ち上がりも600w程度出ている。

そこからシッティングに移って300w程度で速度キープ。

 

f:id:kazumichi0615:20180908215231j:plain

フォトバイ おくり

 

ラストはコーナー立ち上がりから、珍しく下ハンもって最後までスプリント

800wから踏み出して600w維持的な感じ

時間にしては13秒程度

 

 

 

なんだかんだで最後まで冷静に走れた

なんなら少し力を出し切れなかったかなってぐらい。

 

友達カメラマン発見した時  ※フォトバイ 西村ぴっぴ

 

f:id:kazumichi0615:20180908215241j:plain

 

このあとコーンに突っ込みそうになったのは、また別の話

 

 

とてもいいリズムでリラックスして走れたので万事OKです。

楽しかったです! 

 

 

 

その後は、次に行われるJBCF(通称:エリートカテゴリー)の観戦を

 

E3(一番下のカテゴリー)にいつまでもいる知り合いを元気づける

ハナキンってクソガキが最近力をつけているので、狙えるとは思ってたけど

2:53出して見事E3(一番下のカテゴリー)で優勝

 

俺より遅いけどな!w

 

 

 

その次にE2(ハキダメカテゴリー)ってだれかいたっけ??

 

てかE2終わった時点でもワイの2:51が更新されていない!!!

 

風などのコンディションは特に変化ないので、単純に足の差が出てるとおもう!

※これ重要

 

 

でも一番上位カテゴリーのE1が走り始めたらサクッと更新されるでしょ!

 って思ったらなかなか更新されない!!!

 

まさか今日の一番時計を俺が獲得するのか??

ノーマルクロモリバイクが機材厨をやつけるという最高な結果になるのか??

 

 

 

だがしかし

 

 

終盤に春の舞洲TTで一番時計を出したしゃんばり氏が2:49をたたき出す。。。。。

 

 

オーマイ。。。

 

E1の結果が下記

f:id:kazumichi0615:20180908221718p:plain

 ワイの結果が「2:51:313」

 

なので、今日の全体の2位に。

 

まぁ~この順位ならいいでしょう!!!

 

エリート走ったとしても、上位には食い込めそうだ!!

はっはーーーーーー

 

明日はまた舞洲でクリテが行われるので出場します。

去年まで在籍したVC Fukuoka が人数揃えてくるので、やっつけたります!!

 

おしまい

 

キャノンボール列伝 ~準備編~

8月末にキャノンボール往復を実施しました。

 

f:id:kazumichi0615:20180907173824j:plain

 

 

 

その備忘録に。

 

そもそもキャノンボールとは。

めっちゃまとまってる記事発見

matome.naver.jp

 

とりあえず大阪-東京間を24時間以内に走り切ることらしい。

 

とりあえず準備編を。

 

そもそもなぜキャノンボールを始めようと思ったのか。

存在は知ってたけど、意識はしてませんでした。

 

2016年-2017年とJPTを走らせてもらって、疲弊して自転車の楽しみを失いかけていた時

 

2018年正月あたりにツイッターのTLを見ているとママチャリで大阪→東京を走るという馬鹿野郎()がいることを知りました。

 

 

 

正月暇だったので、なんか面白いな~って思って木津を越えたあたりで追撃してやろうと考えてましたが、見事寝坊。

結構本気で後を追いましたが途中道を間違えたりして結局追いつけず。

 

そのログ

191.5 km Ride Activity on January 1, 2018 by キリp レ. on Strava

 

ひぎつねちゃんのブログにも一部登場してる。

firefox-jeb

 

 

ということで、2018年の間にキャノンボールしたいなぁ~

って気持ちが芽生えてきました。

 

その中で気になるのが2つ

 

①ルート

 

②装備

 

 

①のルートに関しては、このご時世の最新鋭のサイクルコンピューター

ガーミンedge520が解決してくれました。

 

上で紹介したひぎつねちゃんが走ったルートデーターを往復とももらうことができたので、そのデータをガーミンにぶち込んで完了!!

 

ガーミンのナビになれるために、そのデーターナビをもとにGWあたりに木津から名古屋あたりを試走したりしてみた。

 

②装備

できるだけ無駄なものは持たずにキリトンのバイクをスタイリッシュに見せるためにいろいろ考察した。

 

●サドルバック

これは外観や防水性能を考慮し、オルトリーブ1択かなと。

2.7リットルもあるし~って思ったけど、案外入らねぇ~って感じ

 

ORTLIEB(オルトリーブ) サドルバッグ L スレート

ORTLIEB(オルトリーブ) サドルバッグ L スレート

 

 

f:id:kazumichi0615:20180907172640j:plain

入れるのはおおむね3点

①ツールケース 

※夏場は2ボトルをするためにツールケースはADEPTをサドル下に括り付けているけど今回はオルドリーブがいるので、その中に収納

これ↓

 

ADEPT (アデプト) イクイップラップ カモフラージュ

ADEPT (アデプト) イクイップラップ カモフラージュ

 

 

輪行バック

これはPEKO姉貴が販売しているものを愛用しているのでそれを収納。

peraichi.com

自宅→大阪。 日本橋→東京宿。など必要となるため。

※極薄と極厚を保持しているけど、いつも信頼の極厚を使用しているので

今回も極厚をチョイス。

 

③衣類

今回は東京で数日遊ぼうと思っていたので、向こうでの衣類

パタゴニアのナウイ短パン、アークテリクスのナウいTシャツを。

 

これで結構パンパン。。

 

●ハンドルポーチ

フレームバックはつけたくなかったので、ハンドルポーチを採用して

デザインと価格をいろいろみて、シンプルかつ安いのを発見!!

主に細かい補給食とスマフォとそのスマフォを充電するモバブーを

収納

 

結構重宝した!!

これもダンシングのときにあたりそうだなということで、事前にロングの際に

設置して問題ないことを確認

f:id:kazumichi0615:20180907172634j:plain

 

● ライト

キャットアイの1600と800 の2本体制

 

 

ボルト1600は重たいので、フロントホイールにこれをつけて設置 

f:id:kazumichi0615:20180907172648j:plain


 

 

 

●サイコン周り

 レックマウントはいいぞ

 

 

 でもこれだとサイコンの充電口が使えなくなるので、下記のやつにヘッドパーツを変更

※最近出てきた

 

REC-MOUNTS(レックマウント) サイクル用 ヘッドパーツ Type5 [ HED-T5

REC-MOUNTS(レックマウント) サイクル用 ヘッドパーツ Type5 [ HED-T5

 

 

 

 ライトとモバブーを設置するために下記のアダプターを採用

 

REC-MOUNTS(レックマウント) ダブル用ベースアダプター Type3 [ 400-Double-GP3

REC-MOUNTS(レックマウント) ダブル用ベースアダプター Type3 [ 400-Double-GP3

 

 モバブーを設置するのに下記のアダプターを使いました。

キャットアイのマウントと連携できて丸いものを固定することが可能に!

 

 これもいるよ

 

 

 モバブーはこれ!!

 

 

 こんな感じに

f:id:kazumichi0615:20180907172655j:plain

奥にはボルト800を。

 

 

 

 ●ジャージ

raphaのビブとジャージ

おたふく手袋のインナー(ノースリーブ)にアームカバー

 

 

 

おたふく手袋 ボディタフネス冷感 パワーストレッチ アームカバー フリーサイズ ブラック JW-618

おたふく手袋 ボディタフネス冷感 パワーストレッチ アームカバー フリーサイズ ブラック JW-618

 

 

 

+今回一番のポイントはraphaのブルベジレ!!!

ポケットが3つついてるので。

フレームバックを使わない代わりにジレで補給食などを

保持するスタイルに

www.rapha.cc

 

 ●ボトル

700ml 2本 500ml 1本の3本体制

1本はジャージの真ん中のポケットにイン

夏場だし、3本スタイルで行きました。

 

基本的に水分は水のみ。

ミネラルとかエネルギーは補給食で補うパティーン。

 

暑いから水かぶりたい時があるし。

 

 

●補給食

 飴粉とオレンジジュースで自作

H+Bライフサイエンス 粉飴顆粒 1kg

H+Bライフサイエンス 粉飴顆粒 1kg

 

 

容器はこれに。

これを250mlと150ml。

てかぜんぜん足りなかったので、250ml2本でもよかったな。。

 

 

 

後は家に転がっていたジェル系を持てる分だけ

 

 

リアライト

これはキャットアイだった。

誕生日にがんちゃんからもろたやつ

これやったかな!

 

 

 あとなんかあったっけなあ~。

 

 

自転車自体のパーツに関しては、普段から利用しているもので特に変更は

してません。できればサドルを交換したいなぁ~と。

ファブリックのALMは硬いのでロング不向きだお。

 

そういや直前にカーボンステムが死んだのでアルミステムに変更したんだった。

これの影響か往路後半は手が死んだ。。。。

 

 

準備はこんなもんかな。

 

てかばるさんのブログ見たほうがためになる。

cannonball24.com

 

次は往路編へ

 

ちなみに脚の準備は年間2万キロちょいを3年間続ければ

いい感じになりますよ()

草津ナイトクリテ C1 優勝!! 7連覇達成だよ!!!

全日本のブログ書かなきゃと思って早1か月

とりあえず草津ナイトのブログを。

 

f:id:kazumichi0615:20180805232815j:plain

 

過去に6戦出て、すべて優勝しているので7連勝をかけて挑戦

 

タイトル通り見事優勝!!!!!!!!!!

はっはーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!

f:id:kazumichi0615:20180805214249p:plain

京都府自転車競技連盟御中より拝借

しかしすぐにリザルトを公開してくれる京都車連御中には頭が下がります。

 

 

といううことで、草津ナイトクリテC1に関して簡単に解説。

1周 1.3キロ

全部で18周 2周ごとにポイント周回 1位5P 2位3P 3位2P 4位1P 俺はキリP

 

って感じで獲得できます。

 

大きな特徴として、C2と混走ということ

c2はポイントレースではなく、マスドレースなので、ラストの着順で勝負が決まるやつ。 

でもポイント周回でC2が4着以内に入れば、獲得されたポイントは消滅するやつ。

今回のリザルトを見ると、C2は特に消してない感じですね。

 

って感じなのです。

 

結構外的要因多めな感じ。

 

 

 

話は本題に。

 

当日はレース会場へ自走で行くために大阪からノコノコやってきたハナキンと

17時に山城大橋最寄のセブンイレブンに集合。

そこから会場を目指す。

 

とりあえず会場まではワイの先頭固定で。

のんびり200w程度。

 

 

会場について、試走があったのでハナキンに解説しながら3周程度こなす。

 

 

今回マークすべきは、2週間前に行われた際に優勝している練習仲間の

田中のドラゴンとスクアドラのわくわくさん

 

そこに合わせる動きでポイントをちょこちょことっていきたいなと。

 

コースの全体像

f:id:kazumichi0615:20180805222402p:plain

超絶わかりやすい!!!!!!

 

スタート/ゴールから下ってラインが1,2つしかないコーナーを2回くっく!って曲がる。

ここは順位があまり入れ替わらない。

2つ目のコーナー立ち上がりは結構後ろはつらめ。

でコーナー2つをクリアして、最終コーナー立ち上がって一気に4メートル駆け上がってゴール。

やはりポイントは最初の1,2コーナーと最終コーナーでの番手で決まる。

 

 

とりあえずスタート。

 

最初はみんなの出方を見る。

 

と思いきや、1周目終了後に3番手だったけども前二人が下り初めから足を止めて惰性で下っている。

これは一気に逃げれると思い、すぐ2名を交わして高速で1,2コーナーをクリア。

前だった2名が後ろで蓋をしてくれる格好となるため、一気に単独で最初のポイントを狙いに行く。

2コーナーをクリアした際に後ろを確認するとやはり少しギャップができた。

 

これは行ける!!!!

 

全開!!!!!!!!!!

最初のポイント周回は1:36 400w あべ47.7

※ここの周回のkomが1:35(最終周の上がり切ったタイム)

 

なので、単独としてはいい速度が出せている。

 

しかし逃げ切れるかと思いきや最終コーナーで

わくわくさんが集団からぶっ飛んできてワイを交わす。

わくわくさんの後ろには誰もいなかったので、2着。 3ポイントゲット。

 

しかし足を使ったのに1着取れず、結構伊丹市

 

わくわくさんがゴール後踏みやめていたので、休憩させまじと

パスをし、再度踏みなおして逃げる体制に!!!!

 

単独で1,2コーナーをクリアするものの後ろには集団が迫ってきたので

とりあえず戻る。

 

とりあえず集団の前方に位置取り。

 

しかし先ほどの単独逃げで、呼吸が少し苦しい。

 

2回目のポイント周回は回復するために無理には取りにいかず田中ドラゴンをマークして、4番手で最終コーナーをクリアし3着で2ポイントゲット。

わくわくさんはワイの番手で4着入ってるw

 

わくわくさん 6ポイント

田中のドラゴン 5ポイント

ワイ 5ポイント

 

拮抗してる。。

よくみるとノーマーク(しらない)準優勝の池川さんも計5ポイントとってる。。。

改めて見ると結構わいの番手をとってポイント獲得しているので、2位を取る動きとしてはよいね(上から目線)

 

 

3回目のポイント周回

よく周りを観察しながら。

 

早めにわくわくさんが先頭に出る。

ここはわくわくさんも引くのをやめないだろうと思い番手をキープ。

最終コーナーを曲がってスプリント!!!

1着ゴールを確信して、右腕でガッツポーズしながら5ポイントゲット。

 

単独トップに躍り出たのを確信。

 

そこからは集団前方で位置取りをし、わくわくさんと田中のドラゴンを

マークしながら、ほかの3名程度ぐらいの飛び出しなら放置。

 

先頭固定で走りわざと前の飛び出しと距離を開ける。

そのままポイントとってもらってもかまわんよ!と。

 

まだポイントの取れてないメンバーが結局ブリッジするので

そこに乗って前を吸収。

 

周りに足を使わせる。

 

4回目のポイント周回。

今回は練習仲間の秋山さんが取りに行きそうな雰囲気を醸し出していたので

マーク。

秋山さんの脚質的に爆発力は弱めなのでとりあえずストレートで秋山さんが

飛び出す番手につける。

最終コーナー曲がって、ふんふん!とスプリントして1着5ポインツ!ゲッツ!!!!

ここも右手でガッツポーズして周りを威嚇する()

 

この時点で15ポイントか。

 

 

だがしかし!!!

 

心拍が大爆発wwwwwwwwwwwww

 

 

なぜなら全日本が終わってから、ロードにも乗らずさぼってたし、乗ってもポタリング程度。

ようやく1週間前から乗り出して、心拍を上げてきたけど、持っても10~15分程度で死ぬことを把握していたので、想定内()

 

 

とりあえず回復に専念する。

 

5回目のポイントはパス!!!

なぜか上位陣が全くこの周回を取ってないので、ほかも結構しんどかったんだな。。

 

ポイントとして上位にいるはずだし、細かくポイントを取りたいので

6回目の周回は何とかポイントを取りに行きたい。

 

最終コーナーを5番手でクリアし、なけなしのスプリントをさく裂!!!

 

なんとかゴール付近で4番手を交わして4着!!! 1ポイントゲット!!!

 

 

ようやく心拍も少し回復してきたので、7回目のポイント周回は何とか2着取りたいと思って、狙いに行きそうな選手を探す。

 

また秋山さんが鼻息を荒くしているのを発見。

番手につける。

 

やはり飛び出したので、頑張ってついていく。

 

まくる力もないので、そのまま2着でゴールになだれ込む!!!

3ポイントゲット!!!!!!!

 

あとは8回目のポイント周回と9回目(最終ゴール)のポイントを残すのみ。

9回目(最終ゴール)はここまで息をひそめているC2勢が一気に来るためここまで足を使っている

C1選手はポイントとれないので、実質ラスト1回!!!

 

もうこの時に19ポイントをゲットして、限りなく勝ちに近いポイントを獲得しているし、把握している限りほかの選手がある程度まんべんなくポイントをとっているため

10ポイント以上の選手はいないかなと思っていたので、完走を目指す。

 

そうしていると一人飛び出した後ろに田中のドラゴンがついって行っている。

これはまずいということで、最後の力を振り絞り集団を引いて追いかける。

なかなか距離が縮まらない。。

 

しかしなんとか20m程度まで来た。

誰か飛び出してジョイントしてくれ!!!と心の中で。

気持ちが通じたのか、後ろからワット飛び出して見事吸収!

 

田中のドラゴンはもう脚ないだろうとおもって安心。

 

でもおれがしんどいwwwww

 

2コーナー立ち上がりとか鬼しんどい。

 

集団から離れペースで走る。

 

メイン集団とは20メートル程度離れているが、集団もまだペースが上がってないので

なんとか距離はキープ!!!!!!

 

 

するとストレートで前の集団で落車発生!!!!

 

らくしゃーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

 

 

一人転ぶ。 

 

そしてその落車したバイクに一人突っ込んで派手に前転!!!!!!

 

 

ワイとは距離があったので、見極めて安全に横を通過。

 

ちらっとその前転をメイクした人のジャージを見ると

友達のイナーメ(エリート)所属のおちんちんまつさんやんけ!!!!!!!!!!!!!!

 

どうかご無事であってくれと祈りながら、完走を目指して

 

 

 

無事ゴール

タイムギャップ50秒wwwww

あぶないあぶない

 

 

 

 

優勝の確信はなかったので、

ゴールでフルネウェーフェンのガッツポーズマネはできず。。。

 

 ããã«ã¼ãã¦ã§ã¼ãã³ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

 ネットから拝借 sunadaさんありがとうございます。

 

 

 

で、結果がでて、無事に優勝しましたとさ

 

ボルト1700と賞金1万円をゲッツ!!!!!!!!

 

f:id:kazumichi0615:20180805232224j:plain

 

そういやトリトンを表彰台にあげたの初めてやな。

 

トリトンは上げ下げが発生するポイントレースでも威力を発揮する

とてもよいバイクだよ。

お買い求めはお近くのムーブメントまで

BICYCLE STUDIO MOVEMENT|OFFICIAL WEB SITE

おじさん二人が切り盛りしてる活かしてるチャリンコ屋さん

 

 

ちなみに今回もインナーはサポートいただいているおたふく手袋さんのインナー着ています。おたふく手袋のインナーを着ているから勝ったといっても過言ではない()

https://amzn.to/2vE8rGZ

 

 

ログ

https://www.strava.com/activities/1749547321#kudos

 

おしまい

美山C1 2周でおわった話。

美山ロード C1 完走


2年ぶりとなる美山ロード。
去年は賞金に目がくらんで春スズカのアタック120を選択し
惨敗でした。


今年は全日本もあるし、ロードレースの美山をチョイス
春スズカなくなったしな。


前日に車で連れて行ってもらうがんちゃん邸に泊めてもらう。
焼肉も頂いて、おなかいっぱい。

5時半に出発なので早めの就寝。


5時半になって、がんちゃんが起きてくるのは想定の範囲内

5:50あたり出発。

 

7:40分ごろ到着!!
結構ぎりぎり。

てかがんちゃんとがんちゃん嫁のレースが8:30開始だし。
てんやわんや。夫妻が。

俺はのんびり。


夫婦の出発を見届けて、ローラーでアップ開始。
近くに京産のテントがあったからラストは本気で30秒まわして
爆音で威嚇しておこうと思ったけど、GTローラーの
音が静か過ぎて、威嚇にならず。
何名かこっち振り向かせられたけど。


去年出場してないので、ノーシード。
早めにならびにいく。

 

なんとか5列目あたりを陣取れた。


なんか整列してなんかあっさりスタート。

1周目はかなり危ない。
ローリングの段階で、すきあらば差し込んでくるやつ多め。
集団内で無意味にダンシングするやつおるし。

旧道に入る左コーナーで真横あたりで落車発生。
ドミノ式でこちらに余波が押し寄せてくる。
ワイの右のやつがこちらに倒れてくる。。。

ヤバミ!!!

倒れてきたのを耐えながらなんとか強引に脱出。
右の足首にすこしダメージが。
引っかき傷程度。

位置的にRDなどにも影響が出てるかもとおもい
少しできた集団とのギャップを埋めながら変速の
確認。問題ないようだ。


今日はついてるぜ!!!

 

集団に戻って、ぐっと前に上がる。


7,8名程度の逃げが発生中。

ローテーションに入り様子見。

集団は積極的に追ってないしタイミングを
見計らって、ブリッジしてみる。

前の集団にジョイントできるペースで走れてたけど
後ろを見ると追いかけてくるので、無駄足だったね。
ということでブリッジをやめる。

 

集団に吸収されながら、前の集団の飲み込んでリセット。

すぐにのぼりが。。

少し脚がつらいよーー。


ということでポジションを下げながら上っていく。

 


とりあえず1周目終了。


次の時点で2名飛び出してる。


亮さんが単独でブリッジ開始。


集団はのんびり走行。

峠付近に差し掛かるとみんなわらわらと前に
あがってくる。

結構集団中盤あたりまで埋もれてしまう。。。


そんなこんなで峠に。


前方付近で強力に飛び出してる集団を確認!!!


やぼい!!!やぼいぃぃいいぃ!!
やばいぞ!!!!

 

 

ということで、ワイも全力で駆け上がる。

位置取りが後ろ過ぎたので、人ごみを掻き分けて
ブレーキかけて、ストップ&ゴー!!

 

つまりラン&ガンや!!!

ãã©ã³ã¢ã³ãã¬ã³ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

 

 


ってことで、無事に逃げ集団を捕まえることができずに
かつ頂上付近で垂れながら下る。

 

トヨカツにもパスされて。。。

下り終わって、前の集団が10秒先に見える。

トヨカツと大学生1名の3名で若干まわすも縮まらず。。

 

逃げに選手に送った京産などはふんわり集団を抑える走り。

寺崎ニキを逃げに送ったバルバは露骨に集団ローテを阻害。

 

逃げに乗せれなかった鹿屋のローテまわしてくれるが
阻止する勢力がいたのでうまいこと回らず。

 

先頭集団は意思疎通できてるのもあるし、各エース級が入っているのでどんどん遠くに。


10秒から一気に40秒差に。

 

 

おわたwww

 

 


ということで、後は死に体と化した集団で展開するも
どうにもならず。


平坦では前に出てこないけど、上り口あたりからわらわらと
前に上がって、のぼりだけ頑張るマンが大勢いたので
わいは、のぼりで瀕死状態。。。

 

瀕死ワイ氏

f:id:kazumichi0615:20180529103718j:plain

フォトバイウノ 

 

6周目。

近くにしまだ(だだだ)がいたので、登りで発射をさせるために
上り口まで運んであげる。

とてもつらかった。


なんとか登り手前まで運んで、だだだを発射!!!


すーーーーぐ、だだだは力なく、集団に飲み込まれててわろた。


わいはちんたらと上る。


パナのカイドウ選手とラスト周回はちんたら走って
無事完走。。

 

こんなんで、全日本大丈夫か??


おしまい