shimanoスズカ 2days のあれやこれや①

先週末は夏の大運動会である「shimanoスズカ」に出場。

 

去年はネクストリーム・うどん棒として5ステージの助っ人参加して

見事撃沈。

 エースの万太郎の力不足といって過言ではなかったのはもはや言うまでもない。

 

 

 

ということで今年は5ステージには、参加せずに

個々のレースにちょこまか出るって感じで参戦。

 

参戦レースは下記のとおり

====================================================

土曜日

①3周の部 1組

②TTT JCF登録の部

③2時間エンデューロ ソロ

 

日曜日

④5周の部 1組

⑤3周の部 1組

====================================================

①3周の部 1組

個々のレースには初めて出たので、みんなどんな感じで走るのかなぁ~

って感じで、様子見。

あまり集団内でいると怖いので、とりあえず先頭固定で集団のペースを

作る感じで走ります。

その中で飛び出すやつは放置しながら淡々と走行。

2周目の下りからは、スプリントポイントに向けてみんな鼻息荒く。

てかこの組にはヤンボーもいるし、ポイント賞狙えるか不安。

 

久しぶりに集団スプリントするし、位置取りを模索しながら。

 

スプリントの際はできるだけ視野を広くかつ身動きが取れ

いつでも仕掛けることができる位置で。

 

いい感じで発射!!!!!

ヌプリント!!!!!!!!!!!

 

横に位置している高校生?の子が競ってきている

ヤバイ!!!

 

ハンドルを投げるも自分の感覚では2着か。

って感じ。 

 

 

速報でも2着。。。。。

3ポイントか。

 

ということで、ハチャメチャにヌプリントして足使ったけど

今度は力技で2回目のポイント地点へエスケープ開始!!

 

ツライツライとおいおい泣きながら、単独でホームストレートを

走ります。

 

集団とは少しあいているもののいつでも飲み込まれそうな

感じの差。

 

2回目のポイントまでがとても長い。

 

たぶん5000兆kmはあったんじゃないかな。(相対性理論的に。しらんけど)

 

 

びくびくしながら後ろを確認。

 

二人程度ブリッジしてくる~~~

 

やめてあげて~~~。

 

 

ポイント直前で、2名にパスされる。

1着は知らん人。2着は変態ヤンボーおじさん。

 

くそーーーー!!やんぼーのやろ~~~~!!

って3着に (2ポイント)

 

 

この時点で2着と3着で5ポイントだし、ヌプリント賞はあきらめムード。

 

ここで集団に飲み込まれる。

 

その集団があぶないのなんの。

 

 

右いるよおじさん。

左いるよおじさん。

ブレーキおじさん。

今会いにいくよおじさん。

今いくよくるよ師匠

 

いろんなのおじさんのオンパレード。

 

瀕死おじさん私は、3個目のポイントはあきらめ。

 

回復させて、ラスト狙うか~~~

 

 

っておもったけど、そこまで回復せずに

集団後方だったので無理せず集団ゴール。

 

 

はぁ~。

ヌプリント賞とれなかったし、落ち込んでいると。

 

コースに出たところにいる係りの人に

 

 

ゼッケン5番ヌプリント賞なので、ステージ横にきてね!

って言われた!!

 

マジージ???

 

 

なんと1回目のスプリントポイント1着だった!!!

速報では2着だったのに。

写真判定になったのかな??

 

 

つまり1回目 1着 5ポイント。 2回目 3着 2ポイントの 合計7ポイント。

 

なんかラッキー!!

 

ポイント賞2位の人も7ポイントだった。

 

2回目のポイントでヤンボーといっしょにブリッジしてきた人。

その人は2回目 1着 5ポイント。 3回目 3着 2ポイントの合計7ポイント。

 

同じポイントのときは1着を取った回数の多い人が勝つシステム。

だがともに1着は1回だけ。

あとはゴールの着順で決まる。

 

自分はあきらめムードで、集団後方で40位。

その人はワイの直ぐ後ろあたりの49位だったはず。。。

 

てか今リザルト確認しにいったら2位の人が消えている。。。

なぜ。

 

f:id:kazumichi0615:20170823173817p:plain

 

なぜ消えたかをこれ以上掘り下げると俺が消されそうな感じがするのでやめておこう。

ガクブル。

 

 

ということで、なんとかかんとかラッキーパンチがあたりヌプリント賞ゲットだぜ!!!

 

f:id:kazumichi0615:20170823174621j:plain

 

 

続く。

 

テストおじさん

クリックしてみたらいいやん!!

 

CAMELBAK(キャメルバック) ボトル ポディウム 24oz(710ml) ジェットブラック 1299003071

キャットアイ草津ナイトクリテ2017~2nd~ C1何とかカンとか優の勝!!

草津ナイトクリテリウムの第2戦


結果:なんとか優勝

 

f:id:kazumichi0615:20170807100835j:plain

 

 

ポイント的にはこんな感じ。

 

f:id:kazumichi0615:20170807091655p:plain

 

今回は前回とは違って強い人たちいっぱい。

●親方:私の師匠

●雑賀さん:エリートツアー現在総合3位の超強い人

●つかもっちゃん:今年E3から一気にE1に昇格した強い人

●田中のドラゴン:まだE3だけど、強い人

●秋山さん:インターバルに弱いけど、強い人

 

今回はC1,C2ともに少し人数多いので、リスク回避も兼ねて
先頭に並ぶ。

スタート。


ローリングのときに、雑賀さんとユーラシアの子が前に来て
リアルスタート同時に飛び出していく。

 

今回はみんなの様子見を兼ねて、初回からは逃げずに静観しておく。

おそらくほかの選手は私をマークしているのか、特に動きもなく
キリPおじさんが先頭固定で走る。

 

いざ、最初のポイント周回に入る。

まだ前の二人を泳がせておく。

ユーラシアの子は、昼間にAACAを走ってきた?らしいので
気にはしていなかったが、雑賀さんにはポイントをとらせたくない。


ということで、30m飛び出している2名を捕まえるように
集団を加速させるように引く。
二人を飲み込んだところで、私はアタック!

 

少し早めに飛び出しので、最終コーナーからのラストの直線で
番手の選手に差されるかとおもたけど、何とか無事に1着5ポイント
ゲッツ!!!!
集団に埋もれた雑賀さんはノーポイント!
作戦成功!!!

 

 

逃げ集団を作りたいためにポイント周回が終わっても
速度を緩めずに飛び出して逃げを試みる。

そう簡単に単独逃げは許してもらえずやはり集団に
つかまってしまったがこの動きで先頭集団8名が形成された。

この先頭集団8名で今回のレースは争うことになった。
ここにC2の選手が1名入っていて、そのまま優勝してたw
ナイスチャレンジだな!


ということで、2回目のポイント周回へ。
どういう感じで動いたかは、あまり覚えていないが
最終コーナー手前で田中のドラゴンが一気に飛び出し
捕まえきれずに2着。

このあとも再度逃げをうつべくたぶん飛び出す。
田中のドラゴンを休ませないため。

ここは力なく、あっさりつかまった。たぶん。


3回目のポイント周回に入り、雑賀さんが飛び出す。
ここは自分では追わずにほかの選手達がどう動くか
観察。バルバの選手が飛び出し、それに親方が反応。

その後ろにつけて、親方をチョイ差し!

3着ゲッツ。


少し足を休めたので、ここで逃げを決めるために飛び出す。

ほかのメンバーは多少足を使っているので
今回はいい感じに飛び出せている!!!

 

ある程度の距離を保ちながら4回目のポイント周回へ。
後ろはまとまっているが、ある程度距離はあいている。
なんとか踏ん張ってこれは1着もらった!!!

 

だがしかし

 

 

最終コーナー手前で、田中のドラゴンがワイを結構な速度差でパス!!


な、何だって~~~~~!!!!

結構距離あったのに。。。


まさかの2着。
くそ~~集団で足をためて一気に使ってきよったな。


ポイント的に雑賀さんと田中のドラゴンの3名での
奪い合いか。


一気に力を使った田中のドラゴンが足を緩めていたので
パスするときに、「ほら、もう1本!」ということで
再度ワイは飛び出す!!!

 

この逃げはうまく決まって(たぶんそうだったはず)
5回目のポイントは1着で5ポイントゲッツ!!

少し疲れたので、集団に吸収される。

 

ここで、汗が目に入って右目がやられる。
とても痛い。
集中力が30,000になって少しやばかった。

今回はキャップをかぶらずにダイレクトで
ヘルメットをかぶっていたので、汗が滴り落ちてきた。

こんなときはがんちゃんが勧める下記のアイテムが
有効なんだろうな。
ワイも1個買ったけど、まだ使ってない。

鈴鹿は絶対に使おう!!


みんなもどうぞ。

 

t.co

 

という感じで、目が痛い。
集中していなかったもんだから
6回目のポイント周回忘れてたw

通過したときにポイント周回やったやんけ!!w

って1人つっこみ!


とにかく気合を入れなおす。

7回目のポイント周回。

どう動いたかはまた忘れたけど、また田中のドラゴンが一気に
飛び出し、またしても2着に甘んじてしまう。。。

 

ポイントの計算も正確じゃないし、自分より後ろの着順がわからないため
田中のドラゴンがどこまでポイントを獲得しているかわからない。

しかし3回は1着とっているのでヤバミ!!!!(やばみみよこ)


8回目のポイント周回に向けて、やんわりと走る。
あれ?田中のドラゴンがいないぞ?
まさか飛び出しているのか??

いや、前は雑賀さん1人飛び出しているだけだ。

このとき田中のドラゴンが力尽きたことは知らなかったので
少し困惑してた。


とりあえず雑賀さんは飛び出しているが、ポイント的にはまだ
差はあるはずだし、1着は譲る形で2着狙い。

無事2着ゲット。


いよいよ、残り2周。


ここもどう動いたか覚えていない。

ラスト周に入ったときには、雑賀さんと誰かが
2名で少し飛び出している感じ。


後ろ集団は5名。

すこしみんなお疲れ気味の様子。
前を追ってはいるが、すこし離されつつある。
自分の脚を使うことも可能だけど、まだステイ。

 

親方がちらちらワイを確認している。
親方のことなので、最後は上げてくると信じて
ステイ。

そのときは来たっ!!!


親方ダンシングでグイグイ前の二人に迫る。

ワイはその番手で、息を潜める。

最後まで踏み切れると確信した瞬間に
親方の背後から飛び出して、前の二人と速度差を
つけて、パス!!!!

 

そのまま最終コーナーを曲がって、登り基調の
50mほどを駆け上がって、1着でゴール!!!!!!


後ろとは1秒程度あいてはいたが、両手放しは危ないので
片手で握り拳を作る( ・ㅂ・)و ̑̑

 

ポイント的に確証はなかったので、どうかぁ~
って思っていたら、

 

実況の人が

 

ゼッケン5番


キリピッピ優勝ーーーー!!(グリフィンドーーーール!!的な感じ)

 

いうてた!


( ・ㅂ・)و ̑̑グッ!!!

 

ということで、何とか草津ナイト6連勝達成!!!

 

今回はうまく立ち回れたかな!!

========================================

親方は瞬間的な速さがあれば。

つかもっちゃんは、調子わるかった?

雑賀さんは、つよい。

田中のドラゴンは、もっと体力つけようぜ!!

秋山さんは、最初の逃げに頑張ってのりましょう!

========================================

来年も開催されたらほかに予定がない限り出場するつもりなので

挑戦者の方お待ちしています。


おしまい。

キャットアイ草津ナイトクリテ2017~1st~   C1優勝したった!

毎年恒例、キャットアイ草津ナイトクリテの季節がやってまいりました。

 

結果は見事優勝!!

f:id:kazumichi0615:20170731163724j:plain

 

 

 

自転車レースに参戦し始めた2014年の夏 2回目のレースでなんとなくC3に出場したらまさかの優勝!!!

 

思い入れのあるレース。 ※ちなみに1回目は2014年春 吉野クリテ(今はなき)で

C5で出て、圧倒的敗北だったよ。

 

その後参加できるときは草津ナイトに毎年参加していました。

2014年 第2戦 C3 優勝

2015年 第1戦 C2 優勝

2015年 第2戦 C1 優勝

2016年 第1戦 C1 優勝

 

と出れば、勝ってきた大会でもあります。

 

ということで、今回もがんばって優勝するぞぞい!

って感じでした。

 

 

自宅から会場までは平坦基調で55キロ程度なのでのんびり17時に家を出て

アップがてら会場を目指します。

 

途中なんか足がつりそうになったので、少し不安。

 

 

会場つけば、知り合い多数。

 

基本知り合いの出走はC1&C2混走だったので、その前のレースで走ってる知り合いは少なめ。

C3はベッキーシクロクロスのおじ様たちが先頭鬼引きでかき回していましたw

そのC3に出ていたTRBのむひょさんは、圧倒的後方で展開し序盤で千切れ遊ばされてました。その後DNF。

 

 

そんなこんなで自分のレースに。

 

C1&C2混走というややこしいレース。

 

しかもC1は2周ごとのポイントレース。

18周なので、合計9回?

スタート前の説明では、ラストのゴールはポイントないよ!

いうてたけど、ポイントあるやん。

 

C2はポイントレースではないので、ラストの着順で決まります。

しかしC2選手がポイント周回でポイント獲得することも可能なので

C1選手の邪魔ができるスタイル!w

 

 

基本的には、ポイント周回でC1がポイントを争って、そのあと下がり

C2が集団牽引しながら、またポイント周回でC1前に出てきて、わぁ~!!

って感じのレースになるはずです。

 

合計9回のスプリントとかあぶないやん!!

 

ってことで、最初から逃げます。

 

 

 

 1周目から逃げるとは誰も予想してないだろうし、ある程度距離を開ければ

ポイントレース特有の2着争いがC1内で巻き起こるためあとは、おのずと差は広がる

一方なのです。

 

しかし、最初のポイントの手前で、1人にブリッジを許してしまいます。

とりあえず様子を見ながらいつでも再加速できる足を残しながら

1着通過!!

 

ブリッジしてきたのは、練習仲間の田中のドラゴン!(中村のドラゴンではない。)

 

とりあえずある程度引いたところで、交代の合図を出すと

「前出れないです!」といわれたので少しそのまま走ります。

 

ようやく交代してくれましたが、瀕死状態。

 

1周終わって、4周目のポイント周回に突入。

 

このままつれて危険だし、千切ることにw

 

わざと2車身ほどあけて、加速しながら一瞬でパスします。

なんとか食い下がろうとはしていましたが、無事心を折ることに成功!!

 

 

あとは淡々と周回を重ねます。

 

後ろとのタイムギャップがわからない状況でしたが、目視で確認したところ

後続がほぼ見えません。

 

 

半分ほど過ぎて、前の先導バイクが少し下りてきてくれた。

バイクおじさん「タイム差30秒」

圧倒的独走おじさん「牧場!!」

 

 

後ろのメイン集団も逃げを追うのはやめたのか、どんどん差が開いていきます。

 

差が1分ぐらいあいたところで、後ろから2台目のバイクが来ます。

 

バイクおじさん2号「後ろと1分差!ちょっと速度調整してね!!」

圧倒的独走おじさん「???ん???」

 

逆にラップしてやろう!と思って、踏みなおす。

 

バイクおじさん2号「後ろと1分10秒!!ペース考えてね!まぁ~また来週もあるし!」

圧倒的独走おじさん「牧場!!!」

 

死に体の集団をラップして、全員DNFにするのも忍びないのでとりあえず

ペースを抑えて後ろとのタイムギャップを気にしながら走ります。

 

適宜、2号がタイムを教えてくれます。

 

2号「タイム50秒差!ちょっと詰まってきたよ!」

圧倒的独走おじさん「牧場!!(わかっとるわ!)」

 

てな感じでペースを保ちながらウイニングランして優勝するのでした。

 

 

ポイント総取りだぜ!!

 

f:id:kazumichi0615:20170731164629p:plain

 

エリートが不運な落車したことが残念でした、しっかりポイント稼いで3位に。

 

C2で出ていた、がんちゃんやサンふじさんはたぶんがんばっていたとおもう。

サンふじさんにいたっては、リザルトに結果が残っていないという感じw わろす。

 

 

 

優勝商品はボルト1600 をいただきました! やったーー!!

 

 

会場から帰宅する際に1人の参加者に後ろツキイチを決められましたが、橋が架かっている少し勾配のあるところで、ふんっ!!!っと踏んで、千切っておきました。

 

おしまい。

2017JPT群馬SCS day2 最終グルペット完走おじさん

2日目

 

今日もロングだとおもうと少し気が重い。(だったはず)


今日は無駄な動きをせずに完走できるように足を温存しながら
走るかぁーーー
って感じで。

 

スタート。


序盤はアタック合戦
ラップが8分台としんどいよね。

 

ようやく7週目で2名の逃げが決まって
ラップ11分台に落ち着く。

それも2周で終わり、9周目からまた9分ジャストぐらいに
ペース上がる。
ふぇ~~~って感じ。


とりあえず周回をこなす。

 


終盤にかけて、集団の動きが活発になってきた。

心臓破りの坂で、後方選手たちが千切れるだろうなぁ~
とおもたら、やはりかなりの人数が千切れた。

たぶん18周目。

 

ということで、私も無理に中切れを埋めずに一緒に千切れた
(頑張ればあと1周ぐらいは集団には入れたと思う。たぶん。しらんけど)


グルペット形成!!!!
たぶんその段階でイナウエさんはいたかな。

前日DNFのやんボーは、頑張ってついていったけど
たぶん駄目だろうなと。


グルペット5,6名で淡々と。

下りは頑張って、上りはペースで。
やんボーを無事九州()


足切りタイムを計算しながらペースを作って走る。


なんとかワイたちのグルペットは完走!!
最終グルペットでワイらより後ろの選手はDNFとなってました。


ゴールの時、ヤンボーは喜び爆発させてたw
4戦目にして初完走だもんな!


なんとか最低限完走できて一安心だが、
もっと頑張って勝負に絡みたいよねーーーーーーーーーー


おわり。

 

Bike Ride Profile | JPT群馬day2 完走おじさん near | Times and Records | Strava

2017JPT群馬SCS day1  未開の地グンマーに足を踏み入れる 4 完結

dosukoikirip.hatenablog.com

続いた。

 

エリートのカテゴリーを応援しながら
自分のレースまでのんびり過ごす。

E1は一緒に来た練習仲間(野球マン、オーマイタモリ)二人が仲良く、残り1周で足切られてわろたw

 


ということで、自分のレース開始。

正直あまりよく覚えていないw

今は7月28日。

グンマーのレースは、4月22、23日だもんな。

 

たしか1日目が120kmで2日目が130キロ程度だったとおもう。

基本今までのパターンなら1日目は70程度で、2日目がロングだろうが!
バカたれ!! あ、すいません。


まぁ~愚痴をいっても仕方いないので、小生は両日ともに完走を目指すしかない。
後は若干展開に絡んで、ツイッターで名前乗れば御の字!
あわよくば、優勝()

 

 

最初の展開には絡むことはないと思うので、最後尾スタート。
試走したっけな??

とりあえず周回をこなしていく。


前半は逃げが2名が発生して20秒当たりをキープしていた感じかな。

大きく展開はしていなくいつでも逃げを捕まえることができる位置で
マトさんがコントロールしていたような。

なんとなく足も周り始めたので、少し集団前あたりにあがってみた。

ちょうどホームストレートだったかな。


数名が、アタックをかけていたがマトに抑えられていた。


その隙を狙って、ワイ氏飛び出す!!!!!
ひゅ~~!!!

こんな小生なので、マトさんには放置いただけたww

 

 

逃げにジョイントできたらいい思い出になるなぁ~
ということで、ホームストレートを終え、下りに入る!!


去年のフルームばりに下りを攻める(攻めたとはいっていない)

後ろをちらっと見たら、もう一人集団から飛び出している。

しばらくしてその選手とジョイント!!!


まさかの去年同じチームで今年はインタープロで活躍中の
中田ことナカータだった。

 

よう来てくださった!!!w
二人で前の逃げにブリッジをがんばる。

 

 


下り区間も終わって、多少の上り返しなどが出てきてしっかり6倍程度で踏んでいく。
ブリッジを何とか決めたい!!!!

ん??ナカータ上り区間で、力がないぞ!!w
バカ野郎!!俺を引け!!
ナカータほぼ瀕死状態w

 

もう1人追走にブリッジきたw

 


なんとか逃げの二人が視野に入るが、たぶん無理だな~。。
25秒もあるし。

先頭二人が25秒止まってくれれば、追いつくのにな。

 

とりあえず、観客が多い心臓破りの坂までは集団に飲み込まれずに
ブリッジに挑戦したということをオーディエンスにアッピルしたいので。

 

心臓破りの坂を終え、無事、集団に九州(VC Fukuokaだけに)

 

先はまだ長い。。。


集団内で回復を図りながら、たまに上がる心臓破りの坂をこなす。
足もげるぞおいっ!!!

 

そんなこんなで

ん??最終周に入るまでなんとか集団に残ることができた!!
まさかワンチャンあるのか????

 

そんな思いもむなしく、無事ラストの心臓破りの坂で千切れましたとさw

 

ちょっと今日は負荷がマイルドで、集団も40名程度いたし残れてるようじゃ
駄目だな。最後千切れてるしw

 

ということで、ロードレースにおいて、先頭から24秒遅れ程度でゴールできたし
少しは頑張った。

今までは分単位で遅れてたしな。

 

35位!

 

頑張ったな俺!!


1日目終了!!!

 

 

走行ログぺた

 

Bike Ride Profile | JPT群馬day1 ラスト周回千切れるおじさん near | Times and Records | Strava

 

 

2017JPT群馬SCS day1  未開の地グンマーに足を踏み入れる 3

dosukoikirip.hatenablog.com

 

 

続いたw

 

 

グンマーの現地順民に囲まれた(1人だけども)特派員は、群馬のレースに

出れないことを悟る。

 

f:id:kazumichi0615:20170606130018j:plain

 

 

 

ん?? 待てよ!!

 

こいつ、一緒に遠征来たタモリやんけ!

 

 

ってなって、車降りました。

 

 

レースに出れそうでよかったよかった。

 

 

続く

 

dosukoikirip.hatenablog.com